旧遍路宿 坂本屋

明治末期から大正初期に建てられた遍路宿。
土佐街道の難所「三坂峠」の麓にあり、昭和初期まで休息・宿泊の場として賑いを見せていたそうです。
平成16年春、多くの方々の協力で地元住民と歩き遍路をする人々が交流できる接待所として修復されました。
囲炉裏やかまどもあり、閑かな風景にとけこんで癒しの空間を創りだしています。

PAGE TOP